satou_gogoのブログ

satou_gogoがmugenキャラの紹介やらDMMゲームやらについて書く場所

cdt_kfm(cdtカンフーマン)

 

カンフーマンの改変キャラ

cdtはちょっとだけ強い(chotto dake tsuyoi)の略だと思われる

瞬間移動で相手に接近し怯みなしの好き放題の攻撃で永久する狂キャラ

常に浮いており左右のみならず上下にも自由に移動できる

1~6pで各カラー差があり1~5pは狂全般、6pは撃破挑戦となっている

もともとはエイプリルフールキャラだったが何度か更新が行われている

Greed

 

オロミズの改変キャラ 七つの大罪の1つである「強欲」の名を冠している

大ポトレも強欲をモチーフにして描かれたもの

全体を通して白と黒を基調とした改変となっている

よく見る大魔法がほとんどなのだが、何故か不自然に透過が行われており個性的

2015年度の海外殺傷力検定にて撃破ターゲットに選出されていた

Kung Fu Man(kfmU)

 

カンフーマンの改変キャラ

勝利時にマツケンサンバ(正確にはⅡ)をリスペクトした演出を行う

おそらく改変当時(2004~5年ごろ)マツケンサンバⅡが流行っていたのだろう…

改変されている部分はその一点のみのためほかはデフォルトのKFMと変わらない

Uは何かの頭文字だったりするのだろうか…詳しくは不明

B_kfm(ぼっ立ちKFM)

 

KFMの改変キャラ Bは「ぼっ立ち」のBらしい

撃破挑戦となっており、デフォルト以外に撃破難易度上昇スイッチも存在する

スイッチoffの場合、全カラー相性こそ出るもののほぼ汎用で撃破可能とのこと

しかし、スイッチonの場合は一部は汎用で倒される気はないカラーもある

全カラー共通で対戦相手の状態が撃破条件に絡んでくるらしい

2018年度の海外殺傷力検定の撃破ターゲットに選出されていた

ニコニコ生放送NG数上限引き上げ

少し前(11/13)からニコニコ生放送における登録NG数の上限が

200件から500件に引き上げになっていたようです

※ただしプレ垢に限る

一般垢は相変わらず40件のままのようです…

プレ垢と同じとは言わないまでも一般垢にもなにかしら恩恵を被りたいですね

 

自分としては生放送の利用よりも動画の利用の方が頻度が段違いなので

これを機にニコニコ動画の登録NG数上限の引き上げも早くこないかなぁと思っています

200件で満足してる人なんているんですかね、全く足りないと思うんですけど

Zukei?(図形)

 

撃破挑戦キャラ 「ただの数学問題ですな(´・ω・`)

ということでおそらく図形に関する数学の問題が条件に関わるのだと思われる

答えを本体の変数に代入して解答する形式となっている

現在は4問しかないため今後のアップデートで様々な問題を取り入れるとのこと

ただし2015年で更新が途切れているため今後更新されるかは未定

【MUGEN凶悪】メルブラ改変キャラオンリー殺傷力大会 part27

 

part27です

ネタバレを含みますので気になる方のみ続きからどうぞ

 

続きを読む

mugenキャラの公開アップローダーやオンラインストレージ

mugenキャラが公開されているアップローダーや

オンラインストレージについての記事です

 

大雑把にまとめている上に個人的な感想が多いので参考程度にお願いします

 

長いので本文は以下から

 

続きを読む

Exodia(エクゾディア)

 

遊戯王に登場する特殊勝利カードであるエクゾディアがmugen入り

見た目はエクゾディアのパーツである5枚のカードそのもの

5枚のカードがくっついて体を形成し動き回る

何故かsndやボイス関連はUNKNOWNのものが使用されている

古いキャラながら神大会の撃破ターゲットになりうる耐性を有しているご様子

【MUGEN凶悪】メルブラ改変キャラオンリー殺傷力大会 part26

 

part26です

ネタバレを含みますので気になる方のみ続きからどうぞ

 

続きを読む

Delicious Stick(うまい棒(たこ焼き))

 

国民的?な麩菓子であるうまい棒のmugen入りもこれで3本目

チーズ味、コーンポタージュ味に引き続き、新たに製作されたのはたこやき味

特に明記されていないが今回も撃破挑戦の部類と思われる

1~4pまで各カラー差が存在し、4pは専用必須となっている

readme曰く「内容は実際にやってみればわかるはず」とのこと

C-kaban

 

けものフレンズに登場する"かばんちゃん"の改変キャラ

フォルダの中で放置されたままだったものが公開されている

汎用寄りの撃破挑戦となっており、1~3pまで各カラー差が存在する

VOICEはなくSEのみで、ホラーチックなBGMを流す

name等についているCはcreepyやchillingの頭文字だろうか

明記はされていないため不明